【覚えておきたい】AED設置場所の検索方法と注意しておきたいこと

AED設置場所の検索方法
みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

救命講習でAEDの使い方を習ったよ。

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

次はAEDの場所を覚えよう!

「みなさんは自宅から1番近くにあるAEDの場所を知っていますか?」

大切な人の命を守るためにも、自宅の近くにあるAEDの場所は覚えておきましょう。

なぜなら突然の心停止の6割以上が自宅で発生しており、その時にすぐにAEDを取ってくる必要があるからです。

心肺停止の人に救命処置をした場合、AEDを使用した時としていない時で救命率に約3倍もの差があります。(消防庁発表 平成29年版 救急・救助の現況より)

「AEDが大切なのはわかったけど、AEDの場所を探すのなんて大変そう。」

そのように感じる方もいると思います。

しかし、AEDの場所を探すといっても歩きながら探すわけではなく、インターネット使用して「全国AEDマップ」から簡単に検索することができます。

今回は

  • AEDの設置場所について
  • 全国AEDマップを使ったAED設置場所の探し方
  • 注意しておきたいこと

について紹介したいと思います。

大切な人の命を守るために、参考にしていただければ幸いです。

目次

AEDの設置場所

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

AEDはどこに設置されてるの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

人が多く集まる場所や公共施設にあるよ!

AEDは人が多く集まる場所や、消防署などの公共施設、医療機関などに設置されています。

AEDが設置されている場所は次のとおりです。

  • 市役所や消防署などの公共施設
  • ドラッグストア
  • 病院などの医療機関
  • 小学校、中学校などの学校
  • スポーツジムなどのスポーツ施設
  • 老人ホームなどの高齢者福祉施設

現在のところ、AEDに設置基準や設置義務はなく、これらの場所に必ずあるわけではありませんので注意が必要です。

ただ、心停止から5分以内に電気ショックを目指すため、現場から片道1分以内の場所にAEDを配置するのが望ましいとされています。(日本救急医療財団公表「AEDの適正配置に関するガイドライン」より)

AED設置場所の検索方法

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

AEDがどこにあるのか、どう調べるの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

全国AEDマップを利用してみよう。

AEDの設置場所を検索するには、日本救急医療財団が提供している「全国AEDマップ」を利用するのがおすすめです。

自宅などの場所を指定すると、付近にあるAEDが地図上に表示されます。

自宅だけでなく、勤務先やスーパーなど生活圏内のAED設置場所を頭に入れておくと、いざという時に冷静に行動することができますよ。

また、全国AEDマップに載っていない場所にAEDが設置されている場合もあります。

下のようなシールが貼ってある施設にはAEDが設置されているので、日頃から注意して見ておきましょう。

注意しておきたいこと

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

AEDの場所がわかったら安心だね!

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

それだけではダメ!実際に場所を見ておこう。

AEDの設置場所を調べたら、実際に場所を確認しておきましょう。

AEDマップで表示されていても廃棄されている場合や、使える時間が限られている場合があります。

特に店舗などに設置されているAEDは、営業時間内しか使えないことが多いので注意してください。

また入口が複数ある大きい施設や駅などは、AEDの場所を確認しておくことで、いざという時に迷わず取りに行けます。

「この道を通って取りに行くのが一番早いな。」

「今の時間は店が閉まっているから、駅まで取りに行かないといけないのか。」

など日ごろから、AEDを使う場面のシュミレーションをしておくことが大切です。

AED設置場所の検索方法 まとめ

今回はAED設置場所の検索方法と注意しておきたいことを紹介しました。

「全国AEDマップ」を使えば1分で調べれるので、ぜひ自宅周辺のAEDの場所を確認してみてくださいね。

また、救命講習を1度も受けたことがない人や、AEDの使い方に少しでも不安のある人は、救命講習を受講することをおすすめします。

一度でもAEDの使い方の練習をしておけば、もしもの時に自信をもって使えるようになります。

救命講習の種類や受講方法は、別の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

私の自宅近くでは、幸運にも走って1分くらいの場所にあるドラッグストアに設置していました。

自宅の近くになかったという方は、自治会や町会に相談してみるもの1つだと思います。

大切な人の命を守るためにも、日ごろから準備しておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家族のための防災士
可愛い娘2人の父親です。
阪神淡路大震災の時の両親のように、家族や大切な人を守れる存在でありたい。
災害の知識や、防災グッズをできるだけわかりやすく紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる