【親子で読もう!】防災が楽しく学べる絵本2冊

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

防災を学べる絵本ってあるの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

もちろんあるよ!


防災を学べる絵本があるのをしっていますか?

小さい頃から防災について学んでおくことで、いざ災害があったときに自分で身を守る行動ができるようになります。

子供のうちから防災教育が大切なのはわかるけど

  • 子供にどうやって防災について教えたらいいのかわからない。
  • うちの子供はまだ小さいから大丈夫だよね?

と思う方も多いのではないでしょうか。

そんな方には親子で学べる絵本がおすすめ。

今回は、小学校に入る前の子供でも楽しく読める絵本を紹介したいとおもいます。

実際に自分の子供たちに読んでみて、気に入った本だけ紹介しているので、少しでも参考にしていただければ幸いです。

目次

おすすめの防災絵本

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

おすすめの防災絵本を教えてよ!

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

今回は2冊紹介するね!

今回紹介する絵本は

  • ぐらぐらゆれたら だんごむし!
  • 津波!!命を救った稲むらの火

の2冊です。

どちらも子供と楽しく防災が学べる絵本となっていますよ。

ぐらぐらゆれたら だんごむし!

おすすめの絵本1冊目は「ぐらぐらゆれたら だんごむし!」

防災の絵本には珍しく、しかけ絵本となっています。

食事中やトイレ中などの色々な場面で地震が起きた時に、どのように行動すればいいのか描かれています。

監修は危機管理アドバイザーの国崎信江さん。

この本に込めた想いを次のように綴っています。

この絵本では、突然襲う地震が起きたときどのように命をまもるのか、そのための行動をお子様にも理解しやすいように紹介しています。

ぜひ、お子様に何度も読み聞かせして自然災害に負けない”生きる力”を育んでいただければ幸いです。

ぐらぐらゆれたら だんごむし!巻頭より抜粋

動物もモチーフにしたかわいいキャラクターがたくさん出てくるので、小さい子供たちでも興味をもってくれます。

文字もあまり多くなく読みやすい内容となっているため、何度も読み聞かせができるので、初めての防災絵本にぴったりです。

2歳の娘も10回以上は読んでいますよ!

本の内容的に0歳〜3歳くらいの子供がいる家庭におすすめの絵本となっています。

ぐらぐらゆれたら だんごむし!
created by Rinker

津波!!命を救った稲むらの火

2冊目は津波!!命を救った稲村の火です。

江戸時代に起こった安政南海地震での津波の経験を描いた絵本。

小泉八雲の「生ける神」の物語がモチーフとなっています。

2005年に出版された少し前の絵本ですが、今も昔も変わることのない防災で大切なこと

  • 最悪の事態を想定して行動すること
  • 命を最優先に考えること

を教えてくれる絵本です。

文字が少し多いので、4歳〜小学校低学年の子供向けの絵本となっていますが、正直なところ大人の方にも読んでもらいたい絵本です。

個人的にも大好きな絵本で、これからも定期的に読み返したい一冊です。

津波!!命を救った稲むらの火
created by Rinker

まとめ

今回は楽しく防災を学べる絵本を2冊紹介をしました。

ほかにも役に立つ絵本が見つかれば、この記事に追加していきますね。

子供のうちに防災に興味をもっておくと、もしもの時に自分で命を守る行動できるようになります。

2人の娘に防災の絵本や漫画を読んでいると

なんで、地震っておこるの?

なんで、かみなりって怖いの?

など疑問や興味を持つようになってきました。

この小さな積み重ねが、災害から命を守る一歩となります。

子供がみずから”生きる力”を身に付けられるように、親子で楽しく防災を学んでいきませんか。

紹介した絵本以外にも、おすすめの防災本は別の記事で紹介しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぐらぐらゆれたら だんごむし!
created by Rinker
津波!!命を救った稲むらの火
created by Rinker
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家族のための防災士
可愛い娘2人の父親です。
阪神淡路大震災の時の両親のように、家族や大切な人を守れる存在でありたい。
災害の知識や、防災グッズをできるだけわかりやすく紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる