【覚えておきたい防災知識】避難場所と避難所の違い

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

避難場所と避難所って違うの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

言葉は似ているけど、役割は違うんだ!

みなさんは、災害に対してきちんと準備していますか。

地震や台風などの大きな災害で自宅や今いる場所が危険な場合に、1番に考えなければならないのが避難です。

実は、私たちが避難する場所には「避難場所」と「避難所」の2つがあります。

「避難場所」と「避難所」の違いをきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。

名前は似ていますが、その場所や役割は異なります。

今回は、「避難場所」と「避難所」の違いについて紹介していきたいと思います。

目次

避難場所と避難所の違い

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

避難場所と避難所の違いってなに?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

これから詳しく説明していくね!

避難場所と避難所の違いは「緊急度」と「避難する期間」です。

避難場所とは

「自宅の近くで大きな火事が起こっていて、このまま家にいるのは危険だ」

「津波がくると予想されて、被害のない場所に避難したい。」など

今まさに危険な状況にいる人たちが一時的に避難する場所です。

具体的には、公園や学校のグラウンドが指定されています。

災害がおさまれば、また自宅に帰ります。

避難所とは

「家が倒壊してしまい住むことができない。」

「津波の被害を受けて、家が流されてしまった。」など

自宅で生活ができない人たちが、生活できるようになるまで避難する場所になります。

学校の体育館や地域の公民館などが指定されています。

避難場所と避難所の違いをまとめると

避難場所…災害の危険から一時的に避難する場所

避難所…災害の被害を受け、一定期間避難する場所

避難場所や避難所の名前は市町村によって異なり、また避難の方法も異なります。

避難場所と避難所について、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

避難場所について

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

避難場所は一時的に避難するところだよね?!

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

そのとおり!

避難場所を表す言葉は市町村で異なり、一時集合場所、一時避難場所、広域避難場所など、住んでいる地域によりさまざまな名称があります。

これらの避難場所は一時的な避難を想定しているため建物の使用はなく、公園や学校のグラウンドなどオープンスペースでの避難となります。

飲料水や備蓄の食料なども無い場所がほとんどです。

また地域によっては津波避難場所や津波避難ビルなど、津波から避難する場所を指定している市町村もあります。

避難場所は、地震、洪水、津波などの災害の種類によって対応している場所が違いますので注意が必要です。

このようなマークが表示されていますので、近くの避難場所がどの災害に対応しているのか確認しておきましょう。

避難所について

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

避難所は一定期間、避難生活するところ!

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

正解!

避難所を表す言葉も市町村で異なり、災害時避難所、収容避難所、指定避難所など住んでいる地域によってさまざまです。

一定期間、避難生活をおくるための場所で飲料水や食料などが配られる場合が多いです。

テレビなどで避難している様子が報道されてるのは避難所になります。

場所によっては、高齢者や障がい者など特別な配慮を必要とする人のために、福祉避難所などを指定するところもあります。

また避難所は災害の種類によって変わることはありません。

避難場所と避難所の違い まとめ

避難場所と避難所の違いは以下のとおり。

避難場所…災害の危険から一時的に避難する場所

避難所…災害の被害を受け、一定期間避難する場所

避難場所や避難所の場所はあなたの住む市町村のホームページや、ハザードマップからから確認することができます。

住んでいる地域によって、避難の流れも違いますのでこの機会にぜひ確認してみてくださいね。

もしもの時に避難する場所や経路、連絡手段をあらかじめ家族で話しあっておくなど、事前に準備しておくことが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家族のための防災士
可愛い娘2人の父親です。
阪神淡路大震災の時の両親のように、家族や大切な人を守れる存在でありたい。
災害の知識や、防災グッズをできるだけわかりやすく紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる