【無印良品の携帯用防災セット】気になる中身とおすすめする3つの理由

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

防災グッズは持ち歩いたほうがいいの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

もちろん!外にいるときに地震がくることもあるからね。

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

そうなんだ!でもどうやって準備しようかな?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

無印良品の携帯用防災セットがおすすめだよ!

地震はいつ起こるかわかりません。

仕事をしていたり、遊びに出かけていたり、外にいる場合に地震の被害にあうことも考えられます。

2018年の大阪府北部地震が起きたのは午前7時58分で、私はまさに出勤途中でした。

交通機関はすべて使えず車も大渋滞、道には会社へ向かう人の長い列ができていました。

私も勤務地まで2時間ほど歩いて向かい、会社へ着いたころにはヘトヘトになっていました。

幸い気温もそこまで高くなく何とか歩くことができましたが、自然災害への備えの甘さを感じました。

この経験から、防災グッズを持ち歩くことの重要性を再確認したのです。

とはいっても

  • 防災グッズを持ち歩くのは、重くて大変そう。
  • 何を準備したらいいのかわからない。
  • そもそも準備するのがめんどくさい。

このように感じている方も少なくないと思います。

そのような方におすすめなのが無印良品の『いつものもしもセット』です。

必要最低限の防災グッズがセットになっている商品で、使う状況に合わせて『携帯セット』、『持ち出しセット』、『備えるセット』の3種類があります。

今回は持ち運びに便利な『携帯セット』の中身やおすすめの理由について紹介したいと思います。

私も実際にかばんに入れて、毎日持ち歩いていますよ。

目次

無印良品 いつものもしも携帯セットの中身

いつものもしも携帯セットの中には、あわせて6つの防災グッズが入っています。

①繰り返し使えるマスク

②家族で決めておく連絡のルール

③ばんそうこう

④ハンカチ

⑤除菌シート

⑥ファスナー付きケース

ひとつひとつ詳しくみていきたいと思います。

繰り返し使えるマスク

細菌や砂ぼこりの侵入を防ぐためのマスクです。

現在は新型コロナウイルス感染症の影響もありますので、必須のアイテムです。

手洗いすると約30回、繰り返し使えるので携帯用としては十分だと思います。

綿100%なのですごく肌触りがいいですよ。

市販のマスクの中くらいのサイズで、成人男性の方は問題ないと思いますが、女性や子供にとっては少し大きいかもしれません。

家族で決めておく連絡のルール

家族や友人の連絡先を書いておくためのメモ帳です。

地震が起きたら一番不安になるのが、家族や友人の安否ですよね。

1枚の紙にまとめて書いておけば、さっと取り出せて便利です。

また災害用伝言ダイヤルや、災害用伝言版の使い方もわかりやすく説明されています。

もしもの時に冷静に行動するためにも、連絡手段や避難場所を家族で話し合って書いておきましょう。

災害用伝言ダイヤルの使い方は、別の記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください。

ばんそうこう

普段でも使うことの多いばんそうこうです。

携帯用に作られているので、コンパクトでほとんど場所をとりません。

10枚入っているので、持ち歩き用としては十分な枚数です。

小さすぎず大きすぎず、ちょうど使いやすいサイズですよ。

ハンカチ

応急手当や汗ふき、シート等なんにでも使えるハンカチです。

サイズは52×52㎝と大きめなので、いろいろと重宝しそうです。

ハンカチには16個のハンカチ活用法が書かれていて、「そんな使い方もあったのか!」と思わず叫びそうになりました。

見ているだけでおもしろいですよね。

除菌シート

からだや手を拭くのに便利な除菌シートです。

新型コロナウイルスの影響で、身の回りの物の除菌も簡単にできるます。

シート自体もしっかりとしていて、からだや手を拭いても破れるようなことはありませんでした。

12枚のシートが入っていますが、感染症が流行している現在の状況を考えると、もう1セット追加で準備しておいたほうが安心だと思います。

ファスナー付きケース

防災グッズをまとめて入れることができる、ファスナー付きのケースです。

サイズは15×22㎝でとてもコンパクトに収納できます。

EVA素材という合成樹脂で作られていて、軽量で水にも強いのが特徴です。

ケースの中に、防災セットをすべてを入れるとこんな感じです。

ケース内にはまだ余裕があり、防災グッズを追加で入れすことも可能です。

無印良品の携帯用防災セットがおすすめの3つの理由

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

どうして無印良品の携帯用防災セットがおすすめなの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

大きく3つあるよ!

おすすめの理由はこの3つです。

  • コンパクトで荷物にならない
  • 日常使いができる
  • オリジナルの防災セットが作れる。

コンパクトで荷物にならない

毎日持ち歩くものだから、荷物にならないほうがいいですよね。

無印良品の防災セットはサイズが15×22㎝と、とてもコンパクトです。

かばんのサイドポケットにもスッポリと入るサイズなので、邪魔になることはありませんよ!

日常使いができる

ばんそうこうや除菌シートなど、普段の生活で急に必要になることもあります。

防災セットを携帯しておくと、そうした状況にも対応できて便利です。

災害の時だけじゃなくて、日常生活でも役に立つのがうれしいですね。

そして無印良品の防災セットの良い点は、補充も簡単にできるところ。

家族で決めておく連絡のルールとハンカチ以外は、無印良品の店舗で購入することができますよ。

使ってしまっても、すぐに補充できます。

オリジナルの防災セットが作れる

はじめに入っているものは必要最低限の防災グッズです。

自分の生活状況や好みに合わせて、オリジナルの防災セットを作りましょう!

防災のことをいろいろと考えながら準備していると、防災意識も高まります。

無印良品の防災セットには非常食は入っていないので、お気に入りのアメやチョコレートなどを入れておきましょうね。

【無印良品の携帯用防災セット】気になる中身とおすすめする3つの理由 まとめ

無印良品の防災セット『いつものもしも携帯セット』には入っているものは6つ。

①繰り返し使えるマスク

②家族で決めておく連絡のルール

③ばんそうこう

④ハンカチ

⑤除菌シート

⑥ファスナー付きケース

おすすめする理由は3つあります。

  • コンパクトで荷物にならない
  • 日常使いができる
  • オリジナルの防災セットが作れる。

いつ起こるかわからない災害に備えて、防災グッズはかばんなどに入れて常に携帯しておきましょう。

私も無印良品の防災セットを毎日持ち歩いています。

日ごろから災害に備えておくと、いざという時に冷静に行動できるようになります。

大切な家族を守るためにも、すこしずつ準備していきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家族のための防災士
可愛い娘2人の父親です。
阪神淡路大震災の時の両親のように、家族や大切な人を守れる存在でありたい。
災害の知識や、防災グッズをできるだけわかりやすく紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる