【体験してみてわかった!】災害用伝言ダイヤル(171)の使い方と注意すること

地震などの大災害のときに考えておきたいのが、家族との連絡手段。

過去の災害の経験からも、電話がつながりにくくなることは皆さんもご存じだと思います。

「地震の時に、家族との連絡はどうやってとったらいいの?」

「簡単に安否を確認できる連絡手段を知りたい。」

このような悩みをもつ人も多いのではないでしょうか。

私自身も、過去の災害でなかなか家族と連絡が取れず不安になったことがあります。

このような状況で、覚えておきたいのが災害用伝言ダイヤル(171)です。

実際に災害用伝言ダイヤルを体験利用したので、使い方と注意することをお伝えしたいと思います。

目次

災害用伝言ダイヤルの使い方

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

地震の時に家族とどうやって連絡をとろうかな?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

災害用伝言ダイヤルがあるよ!

災害時の連絡手段として覚えておきたいのが『災害用伝言ダイヤル』です。

災害用伝言ダイヤルとは

災害用伝言ダイヤルは、電話がつながりにくい災害時にでも安否確認ができるよう、音声を録音・再生することができるシステムです。

NTT東日本とNTT西日本が行っているサービスで、災害時に誰でも無料で使うことができます。

また、自宅の電話や自分の携帯電話が使えない状況でも使うことができるので、もしもの時に備えて使い方覚えておきましょう。

録音・再生方法

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

使えるかどうか不安だな。

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

とっても簡単だから大丈夫だよ!

災害用伝言ダイヤルの使い方はとても簡単です。

図にするとこんな感じです。

171に電話すると自動ガイダンスが流れます。

ガイダンスに従って操作すれば簡単に録音・再生ができます。

体験利用してみよう

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

簡単そうだけど、まだ不安だな。

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

体験利用ができるよ

災害用伝言ダイヤルは災害時だけ利用できるサービスとなります。

ただし、次の期間だけは体験利用することができます。

●毎月1日と15日

0:00~24:00

●正月三が日

1月1日の0:00~1月3日の24:00

●防災週間 

8月30日の9:00~9月5日の17:00

●災害とボランティア週間  

1月15日の9:00~1月21日の17:00

体験すると、もしもの時に落ち着いて利用することができるので、ぜひやってみてくださいね!

災害用伝言ダイヤルで注意すること

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

使う時に注意することはあるの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

いくつか注意点があるから覚えておいてね!

災害用伝言ダイヤルを体験してみて感じた注意したいことや、事前に準備しておいたほうがいいことがあったので紹介します。

家族の電話番号を覚えておく

災害用伝言ダイヤルは自宅や家族の携帯番号を入力して、音声の録音や再生を行います。

家族の携帯番号をスマホに登録している人も多いと思いますが、何かの事情で使えなかったり、充電がなくなったりすることも考えられます。

最近はラインなどで連絡をとることが増え、番号そのものを知らない場合もあると思います。

もしもの時のためにも、家族の自宅や携帯番号をもう一度確認してみてください。

できることなら災害時用に電話番号のリストを作成し、すぐに持ち出せる場所に保管しておくといいでしょう。

プライバシーが気になるなら、暗証番号を決めておく

災害用伝言ダイヤルは、電話番号を知っていれば誰でもメッセージを聞くことができます。

逆にいうと、知らない人でも電話番号を入力さえすればメッセージを聞くことができてしまいます。

他人に聞かれたくない内容などプライバシーが気になる場合には、特定の人だけが再生できるように暗証番号を設定することができます。

防犯のためにも暗証番号を設定することをおすすめします。

事前に家族で暗証番号を話し合っておきましょう。

【まとめ】災害用伝言ダイヤルの使い方と注意すること

災害用伝言ダイヤルは誰でも簡単に使えるサービスです。

災害用伝言ダイヤルの使い方

・171に電話してガイダンスに従って操作すれば、簡単に録音・再生ができます。

・少しでも不安な方は、体験利用してみてください。

注意したい点は2つあります。

災害用伝言ダイヤルの注意点

・家族の電話番号を覚えておきましょう。

・プライバシーや防犯上気になる方は、事前に暗証番号を決めておいてください。

災害時には電話がつながりにくくなり、家族の安否を確認するすることも困難なります。

災害の時に家族の安否が確認できないのは不安ですよね。

万が一に備えて、多くの連絡手段をもっておきましょう。

今回紹介した災害用伝言ダイヤルだけでなく、ラインやTwitterなどのSNSも過去の災害では連絡手段の1つとして活躍していました。

災害時に覚えておきたい連絡手段は別の記事で紹介しています。

もう一度、家族で災害時の連絡手段について話し合ってみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家族のための防災士
可愛い娘2人の父親です。
阪神淡路大震災の時の両親のように、家族や大切な人を守れる存在でありたい。
災害の知識や、防災グッズをできるだけわかりやすく紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる