災害用伝言板(web171)の使い方と体験利用の方法

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

地震が起きたとき、どうやって連絡をとったらいいの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

いろんな方法を知っておくことが大切だよ!

地震などの大きな災害が起こった時の連絡手段を家族で話し合っていますか?

過去に起きた災害を振り返ってみると、電話は非常につながりにくくなります。

そのような状況でも家族や大切な人を連絡をとり、安全を確認することは皆さんにとって一番大切なことではないでしょうか。

しかし、災害の規模や発生場所、日々の通信技術の進化でどの連絡方法がつながるのかはっきりとは言えません。

そのため、災害時の連絡手段は数多く持っておきましょう。

今回はいくつかある災害時の連絡方法の中から、NTTが提供する災害用伝言版(web171)について紹介したいと思います。

災害用伝言板ってどんなサービスなの?

使い方が難しそうで、使えるかわからない。

このような疑問をお持ちの方に、災害用伝言板の使い方を丁寧にわかりやすく解説していきたいと思います。

いざという時に使えるようになるためにも、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

災害用伝言板(web171)とは

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

災害用伝言板ってどんなもの?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

メッセージを登録できるサービスなんだ。

災害用伝言板とは、災害時にインターネット上にメッセージを登録できるサービスです。

NTTが提供していて、100文字以下のメッセージを最大20件まで登録することができます。

災害時にサービスが開始され、だれでも無料で利用することができます。

また同様のサービスに、音声を登録することができる災害用伝言ダイヤルもあります。

こちらについては別の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

災害用伝言板の使い方

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

使い方が難しそう。

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

簡単だから大丈夫だよ!

災害用伝言板は簡単に使えるサービスです。

これからメッセージの登録と確認の方法を画像付きで解説していきます。

災害用伝言板のサイトはこちらからアクセスできます。

インターネットで「災害用伝言板」と検索してもサイトが表示されます。

アクセスすると災害用伝言板のトップページが表示されます。

災害用伝言板トップページ

メッセージの登録方法

メッセージの登録方法を解説します。

はじめに①メッセージを登録したい方の電話番号を入力して、②登録のボタンをクリックします。

登録をクリックすると次のような画面になるので、①名前をひながなで入力し②安否で近いものにチェック

③伝言を入力して④登録ボタンをクリックします。

次のような登録完了画面になれば、メッセージの登録は終わりです。

メッセージの確認方法

次にメッセージを確認する場合の方法です。

トップページから①メッセージを確認したい人の電話番号を入力して、②確認のボタンをクリックします。

メッセージが登録されている場合は次のような画面になり、内容を確認をすることができます。

メッセージの登録がない場合は次のような画面になり、メールアドレスを入力することで新しくメッセージが登録されたときに通知されるようになります。

メッセージの登録・確認方法の操作はこれだけです。

簡単な方法なので、誰にでも使いやすいと思います。

体験利用してみよう

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

簡単なのはわかったけど、いざという時につかえるかな?

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

体験利用してみよう!

災害用伝言板には体験利用できる期間があります。

体験利用できる期間は次のとおりです。

●毎月1日と15日

0:00~24:00

●正月三が日

1月1日の0:00~1月3日の24:00

●防災週間 

8月30日の9:00~9月5日の17:00

●災害とボランティア週間  

1月15日の9:00~1月21日の17:00

大きな災害があったとき、落ち着いて安否確認するためにも体験利用しておきましょう。

一度やってみるだけで、「使えるかな?」という不安はなくなるとおもいますよ。

体験利用するときはぜひ家族の人と一緒にやってみてくださいね。

災害用伝言板(web171)の使い方と体験方法 まとめ

みじかちゃんのアイコン画像みじかちゃん

体験利用したら簡単にできたよ。

パパゴリラのアイコン画像パパゴリラ

よかった!何事も準備が大切だからね!

今回の記事の内容をまとめると以下のとおりです。

  • 災害時の連絡方法はいっぱい持っておこう。
  • 災害用伝言板は簡単に使える。
  • もしものために、体験利用して準備しよう

災害が起こった時に家族や大切な人の安全がわかると、精神的にとても楽になります。

災害時に覚えておきたい連絡手段は、別の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

もしもに備えて少しずつ準備していきましょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

家族のための防災士
可愛い娘2人の父親です。
阪神淡路大震災の時の両親のように、家族や大切な人を守れる存在でありたい。
災害の知識や、防災グッズをできるだけわかりやすく紹介していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる